ヒント085 使える英語表現[stuffとstaff]

名誉教授御園和夫
言語学博士
関東学院大学

 Good stuff lasts longer. 

 

古今東西、含蓄のあることばというのがあります。前月に続き、今月もそんな含蓄のあることばをご紹介しましょう。よーく考えてみると、なーるほど、とうなずける内容の文です。

 

では問題です。

次の文は含蓄のある英語です。空所に適語を補い「含蓄のある」文に完成させてみましょう。ヒントを参考にしてください。

 

1.   Good ( 1 ) lasts longer.

2.   There is no ( 2 ) in shopping for sales.  It's the same stuff, only ( 3 ).

 

ヒント:1. (いい)もの  2. 恥  3. 安い(だけ)

 

 

 

解説&解答 

 

1.

「いい物のほうが長持ちする」

こういう場合の「物」はstuffです。漠然と物を表すときに使います。なお、いわゆる「スタッフ」(職員)はstaffです。つづりも発音も違います。

 

2.

「セールで買い物をしても決して恥ずかしいことではない。物は同じでただそのほうが安いだけだ」

「恥」はshame、3.にはcheap(安い)の比較級を用いるのがミソ。

 

 

正解(1) stuff  (2) shame (3) cheaper

 

いい物は長持ちする、セールの品物も普通で買った場合と同じ、ただ値段がやすいだけ。含蓄がありますね。ただ、一見、この2つの表現は相反するようにも感じられます。やっぱり含蓄ですね。

 

使える英語表現  stuff 物、last長持ちする;持続する

◎ Good stuff lasts longer. (いい物のほうが長持ちする)

 

英会話教材のお申込み

すぐに英語を身に付けたい方は、こちらから英会話教材のお申し込みが出来ます。

  • 無料レポート
  • 無料レポート
御園 和夫
博士(言語学)
英語音声学、英語学専攻。英国レディング大学にて英語教授法研修、UCLA校客員研究員、クイーンズランド大学大学院博士後期課程修了。関東学院大学名誉教授。日本英語音声学会常任理事、英語面白楽会会長。テレビ・ラジオで活躍し「百万人の英語」や「旺文社大学受験ラジオ講座」など数々の英語番組を担当。著書:『コミュニケーション主体の英語音声学』(和広出版)、『必携 英語発音指導マニュアル』編集主幹(北星堂書店)他多数。
コラム一覧にもどる
この先生の他のコラムを見る