ヒント090 英字新聞を読む【1】広辞苑の新語

英会話上達研究会

「内部告発」を英語で言うと?

 

<本記事は、2008年7月に執筆されました。バックナンバーとしてアップしています。>

 

今回から新シリーズが始まります。これからすぐに使える英語表現を英字新聞から紹介しようというものです。まさに今話題の出来事を英語で表現したらどうなるのか。誰かに話せばちょっと自慢できそうなお徳情報ですよ。

 

  

アメリカ大統領民主党予備選挙はクリントン氏が撤退。
さて、オバマ氏の次なる戦略はいかに?まずは6/10(火)のThe Japan Times第1面からです。

 

Working-class whites, Women at stake

Obama’s next act: wooing Clinton’s base

 

at stake「懸かっている」(例: Her pride is at stake.「彼女のプライドが懸かっている」  woo「男性が女性に求婚する」>


オバマ氏の次の勝利は白人労働者と女性の票に懸かっているというわけで、クリントン陣営の基盤である女性層に「プロポーズ」して、その支持をどうしても取りつけたいとの熱いオバマ氏の想い。もはや記事を読まなくても、タイトルが全てを語っています。これぞ見出しのパワーですね。

 

話しは変わり、あの『広辞苑』が今世紀初の大改訂を今年行ないました。新たに1万語が加わりましたが、これらが英語でどう表現されるのか興味深いところです。そこで、6/17(火)のThe Japan Times第17面からその新語のいくつかを見てみましょう。世相がよく反映されてますよね。

 

・着メロ:  phone ringtone

・性同一性障害:  gender identity-disorder

・敵対的企業買収:  hostile takeover

・風評被害:  rumor-damage

・内部告発:  whistleblowing

・猛暑日:  fierce-hot-day

 

 

● 

記事では、今回惜しくも選考から漏れたものについても言及しています。

 

・萌え: infatuation

・できちゃった結婚:  pregnant-marriage / shotgun wedding

 

新1万語の40%が英語からの借用語というから驚きです。

 

・ドメスティック・バイオレンス:  domestic violence

・セカンド・オピニオン:  second opinion

・ブログ:  blog

・メタボリック症候群:  metabolic syndrome

 

 

今紹介した記事の見出しをご覧ください。これもなかなか凝ったタイトルになってますよ。


King Kojien dictionary knights new words

knight「ナイトの爵位を与える」

 

日本の辞書の王様が新語にナイトの爵位を与えたというものです。『広辞苑』に掲載された語は今後の改訂でも削除されないのが原則とのこと。新語にはそれだけの権威が加わるようです。

 

それでは今回の表現の復習チェックです。次の日本語を表す英語表現を選んでください。

 

1)萌え  2)内部告発  3)懸かっている  4)風評被害  5)着メロ  6)できちゃった結婚  7)性同一性障害  8)猛暑日  9)敵対的企業買収 

 

a) at stake  b) fierce-hot-day  c) gender identity-disorder  d) hostile takeover  e) infatuation  f) phone ringtone  g) pregnant-marriage/shotgun wedding  h) rumor-damage  i) whistleblowing

 

 

解答

(1) e   (2) i   (3) a   (4) h   (5) f   (6) g   (7) c   (8) b   (9) d

 

次回もup-to-dateですぐに使える英語表現をご紹介します。お楽しみに。

 

英会話教材のお申込み

すぐに英語を身に付けたい方は、こちらから英会話教材のお申し込みが出来ます。

  • 無料レポート
  • 無料レポート
コラム一覧にもどる
この先生の他のコラムを見る