ヒント101 使える英語表現[どちらが大きい?]

名誉教授御園和夫
言語学博士
関東学院大学

単語力テスト-どちらが大きい?

 

日本語で住所を書く場合は大きい単位から小さい単位の順になります。例えば、東京都○○区あざぺっころ谷3-5-7、のように。
これが英語になると逆に小から大の順になるのはどなたも御存じのとおりです。文化の違いでしょうか。

今回は小から大への問題です。
次の単語を小さいものから大きいものの順に並べてみてください。

 

 

■第1問

・puddle   ・ocean   ・lake   ・pond   ・sea

 

■第2問

・hamlet   ・town   ・city   ・village   ・country

 

<ヒント>
■第1問 
puddle「水たまり」、ocean「大洋」(ふつう、seaより大きな海の意味に用いる)、lake「湖」、pond「池」、sea「海」

■第2問 
hamlet「小村」、town「町」、city「都市」、village「村」、country「田舎(都会に対して)」

 

 

<正 解>
第1問
puddle    pond    lake    sea    ocean 

第2問
hamlet    village   town    city      country

 

 

そういえば、名前も、山田太郎は英語では、Taro Yamada のように小から大ですよね。でも、最近は英語でも日本語のように、Yamada Taroと言う場合も増えてきています。でも、初対面の西欧人には説明を加えないと、どちらがfirst name(名)でどちらがlast name(姓)なのか混乱してしまうかもしれませんね。

日本は大から小へ、西欧は小から大へ。考え方が違うんでしょうね。まさに異文化理解です。英語に強くなって、国際社会でおおいにご活躍を!

 

英会話教材のお申込み

すぐに英語を身に付けたい方は、こちらから英会話教材のお申し込みが出来ます。

  • 無料レポート
  • 無料レポート
御園 和夫
博士(言語学) 関東学院大学名誉教授
英語音声学、英語学専攻。英国レディング大学にて英語教授法研修、UCLA校客員研究員、クイーンズランド大学英語学科客員教授。関東学院大学名誉教授。日本英語音声学会副会長、英語面白楽会会長。テレビ・ラジオで活躍し「百万人の英語」や「旺文社大学受験ラジオ講座」など数々の英語番組を担当。著書:『コミュニケーション主体の英語音声学』(和広出版)、『必携 英語発音指導マニュアル』編集主幹(北星堂書店)他多数。
コラム一覧にもどる
この先生の他のコラムを見る
このエントリーをはてなブックマークに追加
rss
上矢印
ページTOPへ