ヒント109 使える英語表現[似ている英単語]

名誉教授御園和夫
言語学博士
関東学院大学

問題 意味の通る英文にしてみましょう!

 

英語には形が似ていて、意味の全く異なる単語がたくさんあります。

例えば、stationarystationeryです。つづりも発音もよく似ていますが、意味は、前者は「動かない;静止した」、後者は「文房具」です。

 

では問題!

次の英文の空所に、statue、stature, statuteのいずれかを入れ、意味の通る文にしてみてください。

 

★場面★

ある彫刻家があまりに大きな像を作ってしまったので、市の役人から注意を受けています。

 

"A city ( 1 ) prohibits a ( 2 ) of this ( 3 ), "the inspector told the sculptor.

「都市の規則によりこんなに高い像は違反です」と査察官はそ の彫刻家に言った。

 

 

これら似ている3単語の区別がつくかどうかが問題です。見ていきますと、statute「規則」、  statue「像;彫像」、stature「身長」、となります。よく見直さないと間違えますね。

 

答え: 1.  statute  2. statue  3. stature

英会話教材のお申込み

すぐに英語を身に付けたい方は、こちらから英会話教材のお申し込みが出来ます。

  • 無料レポート
  • 無料レポート
御園 和夫
博士(言語学)
英語音声学、英語学専攻。英国レディング大学にて英語教授法研修、UCLA校客員研究員、クイーンズランド大学大学院博士後期課程修了。関東学院大学名誉教授。日本英語音声学会常任理事、英語面白楽会会長。テレビ・ラジオで活躍し「百万人の英語」や「旺文社大学受験ラジオ講座」など数々の英語番組を担当。著書:『コミュニケーション主体の英語音声学』(和広出版)、『必携 英語発音指導マニュアル』編集主幹(北星堂書店)他多数。
コラム一覧にもどる
この先生の他のコラムを見る
このエントリーをはてなブックマークに追加
rss
上矢印
ページTOPへ