ヒント150 英字新聞を読む【12】民主党圧勝-1

英会話上達研究会

英字新聞はタイムリーな英会話教材!

 

(本記事はバックナンバーです)

 

民主党(the Democratic Party of Japan; DPJ)の圧勝(landslide win)に終わった総選挙。
投票日翌日8月31日(月)のThe Japan Timesの第一報です。

 

Historic sea change at polls product of frustrated public

 

sea changeとはシェークスピアが The Tempest で初めて使ったとされる言葉で、「大転換」を意味します。at (the) pollsは「選挙で」、productは「産物」、frustrated publicは「不満を抱く国民」をそれぞれ表します。

 

ところで、frustratedには「欲求不満の」とか「挫折した」などの定義が辞書にありますが、「心の中に長くうっ積したどうにもやり場のない怒り」がイメージされます。この閉塞感の打開を求める国民の気持ちが追い風(tail wind)となり、さらに雪だるま効果(snowball effect)を生んだ結果と記事にはあります。

 

Despite the DPJ’s big win, however, the election’s outcome should not be interpreted as a simple “yes” vote for the DPJ. It is rather a “no” vote for the LDP.

 

「今回の結果は、民主党への支持票というよりも、自民党への不信任票だ」とは同日の社説です。(LDP: the Liberal Democratic Party「自由民主党」)

 

 

We’d like to straightly face the severe results. We will search our souls and … overhaul our policies to gain more support.

 

「厳しい結果を真正面から受け止めたい。反省し政策を徹底的に見直し、より支持を得られるようにして行く」

 

これは、敗れた細田自民党幹事長の声明です。search one’s soulとは文字通り「内省する、反省する」の意味。overhaulは「分解修理する、徹底的に見直す」ということで、オバマ政権の医療制度改革のニュースでも頻繁に目や耳にする語です。

 

細田幹事長の記者会見の写真には、“Facing the music”という面白い表現が使われています。「結果や報いを潔く神妙に受け止める」という意味になるんですね。

 

 

後半に続く

 

英会話教材のお申込み

すぐに英語を身に付けたい方は、こちらから英会話教材のお申し込みが出来ます。

  • 無料レポート
  • 無料レポート
コラム一覧にもどる
この先生の他のコラムを見る