ヒント127 英文読解“What the Hell?”

准教授Joe Mckim
関東学院大学文学部
         

意訳付き英文で、英語圏の文化や英語表現を学ぼう!

 

[1]

Many years ago I worked part-time for a small company in Tokyo that sold English correspondence courses to companies. Employees of the companies that used our service received a workbook of twenty assignments. They sent us an assignment every week, which we native speakers would correct and send back.

 

correspondence course「通信教育課程」  assignment「課題」 

 

●意訳

何年も前私は、東京で企業向けに英語の通信教育を行なっている小さな会社でアルバイトをしていました。通信教育を受講すると社員は20問の練習問題集をもらい、毎週1つの課題を送ると、ネイティブスピーカーが直して送り返します。

 

[2]

It was rather tedious. Every day we received the same assignments; every day we corrected the same mistakes. Occasionally, though, a customer would brighten our day by writing something fresh and original. Many of the funnier mistakes were spelling errors that resembled common pronunciation problems.

 

tedious「退屈な」

 

●意訳 

それは退屈なもので、毎日同じ課題を受け取り、毎日同じ間違いを直しました。しかし時々新鮮で独創的なものを書いて楽しませてくれるお客さんがいました。面白い間違いの多くはスペルミスで、よくある発音の間違いと似ていました。

 

 

[3]

For example, one exercise was a drawing of a man wearing a bathrobe and reading a book in a comfortable chair in his living room. Customers had to describe this scene in English. I still remember the day when I picked up a paper that began, "A man is shitting in a chair." I started to read the paper aloud to my coworker, who was also delighted, and soon we both had tears of joy running down our cheeks as I read,"He likes this chair very much, so he shits in it every evening."

 

drawing「スケッチ」 shit「大便(くそ)をする」 

 

 ●意訳

例えばある練習問題は、バスローブを着ている男の人が居間で快適なイスで本を読んでいるスケッチを英語で表現する問題でした。今でもその日のことを覚えています。1枚の用紙を手に取ると「男の人がイスにshitting(大便をして)います。」から始まっていました。私が声を出して同僚に読み始めると同僚も喜び、2人で涙を流して笑いました。「彼はこのイスが大好きで、毎晩イスにshit(大便をする)んだね。」

 

[4]

Another exercise required students to translate a telephone conversation from Japanese to English. The opening lines of the conversation, correctly translated, went like this:
"Mr. Brown? This is Mr. Tanaka."
"Ah, Mr. Tanaka. It's nice to hear from you. How are you?"
"Fine, thanks. Oh, my wife says hello to your wife…"

 

●意訳

別の練習問題は、電話の会話を日本語から英語に訳すものでした。会話の最初の数行は、次のように正しく訳されていました。
「ブラウンさんですか。田中です。」
「やあ、田中さん。お電話ありがとう。お元気ですか。」
「元気です。妻が奥様によろしくと申しておりました。」

 

[5]

Now, as you may know, Japanese learners of English sometimes remove a final ?o or ?u from a word because they are trying too hard to avoid "katakana pronunciation." Thus, the city of Toronto becomes just "Toront" and Malibu becomes just "Malib." For the same reason (I guess), we would sometimes find this sentence in the exercise:
"My wife says Hell to your wife."
And finally, there came the unforgettable day when I found this
sentence:
"My wife says to Hell with your wife."

 

hell「地獄」 To hell with you!「くたばっちまえ」 

 

●意訳

日本人英語学習者は、語尾のoやuを落としてしまうことがあります。「カタカナ発音」を避けようとがんばりすぎたためです。Torontoという都市が"Toront"になり、Malibuが"Malib"になったりします。同じ理由で(私の想像ですが)、練習問題で次の文をときどき見かけました。
「妻があなたの奥様に「地獄」と言っていましたよ。」(注:ナンセンス。失礼ではない)
ついに、忘れられない日がやってきました。次の文を見つけました。
「妻が、あなたの奥さんに「くたばれ」と言っていました。」(注:ひどい侮辱的)

 

[6]

As soon as I saw that sentence, I knew that it was time to move on. No matter how many exercises I checked, nothing would ever top that one. The following year, I became a university teacher.

 

●意訳

この文を見てすぐ私は転職する時期だと思いました。どんなにたくさんの問題をチェックしても、これ以上のものはないでしょう。翌年私は大学の先生になりました。

 

<語注&要旨 佐々木彩子/神奈川大学非常勤講師>

 

英会話教材のお申込み

すぐに英語を身に付けたい方は、こちらから英会話教材のお申し込みが出来ます。

  • 無料レポート
  • 無料レポート
Joe Mckim
関東学院大学文学部准教授。専門は英語学、英語教育法。米国イリノイ州出身。1990年に明治学院大学を経て現職に就く。研究テーマ:Learners’ planning processes for second-language speaking and writing tasks  Second-language test-taking strategies
コラム一覧にもどる
この先生の他のコラムを見る
このエントリーをはてなブックマークに追加
rss
上矢印
ページTOPへ