ヒント156 英文読解“Do come in”

横浜市立大学
Catharine Nagashima非常勤講師

スラスラ読める英文長文読解!

 

“Do come in and have a cup of tea”

 

[1]

Before people had telephones, and especially before they had mobile phones, it was quite common to drop by unexpectedly to visit friends, just because you happened to be in the neighbourhood.

 

●要約

電話、特に携帯電話がなかった頃は、たまたま友達の家の近くに来ると、突然立ち寄ることがよくありました。

 

[2]

In Japan, unexpected visitors usually hesitate to go in beyond the genkan unless they are invited in a second or a third time, and then finally they will accept a cup of tea.

 

●要約

日本では突然の訪問客はふつう遠慮して玄関までしか入りません。2~3回勧められ、とうとうお茶をごちそうになってしまうことはありますが。

 

 

[3]

In Britain it can be similar. Suppose you are driving in the Cotswolds and you see the name of the village of an old friend. You find her house and knock on her door. She opens it and says, “Good afternoon! What a pleasant surprise to see you! Won’t you
come in?” You say, “Thank you, but there are so many of us, we just wanted to say hello because we were passing nearby.” Your friend insists, “Do come in and have a cup of tea.” If it is a warm dry afternoon, she might say “You must join us for tea in the garden”. You would then admire her flowers.  

 

◎語注 
the Cotswolds「コッツウォルド丘陵」  イングランド南西部の、主にCloucestershire州に広がる丘陵

 

 ●要約

イギリスも似ています。コッツウォルド丘陵をドライブしているときに、昔の友人が住んでいる村の名前を見かけたとします。友人の家を探してドアを叩くと、友人はドアを開けて「こんにちは。あなたに会えるなんて嬉しくてびっくりよ。入っていかない?」「ありがとう。でも私たち大勢なのよ。近くを通ったから挨拶だけしたかったの。」「どうぞお入りになってお茶でも飲んでいって。」もし暖かくて雨の降っていない午後なら「お庭で一緒にお茶を飲みましょう。」そうしてあなたはお庭の花を褒めることになるでしょう。

 

[4]

In Britain there is a whole etiquette to serving tea, some putting milk in first, others afterwards. Japanese tea does not need milk or sugar or spoons, so it is easier. If you empty your cup, the hostess will usually refill it without asking, and it is not rude if you do not finish it.  

 

●要約

イギリスにはお茶を出すのに多くの礼儀作法があります。先にミルクを入れる人も、後から入れる人もいますが。日本茶はミルク、砂糖、スプーンがいらなくて楽ですね。カップが空になるとたいてい、黙って足してくれますが、残しても無作法ではありません。

 

[5]

Mrs. Williams:       ”Would you like another cup of tea?”
Keiko (trying to be polite)  “No thank you”.
Mrs. Williams:         “Are you sure you won’t have another cup of tea?”
Keiko            ”No thank you”.
Mrs. Williams:         “Come on, don’t be so polite, I am sure you would like another cup of tea”.
Keiko:             “Thank you very much, just a little bit”.   

 

●要約

ウィリアムズ夫人:          「お茶をもう1杯いかが。」
ケイコ:(礼儀正しくしようとして)  「いえ、けっこうです。」
ウィリアムズ夫人:          「本当に、もう一杯いかがですか。」
ケイコ:               「いえ、けっこうです。」
ウィリアムズ夫人:          「そんなに礼儀正しくなさらないで。もう一杯どうぞ。」
ケイコ:               「ありがとうございます。少しだけ。」

 

<語注&要旨 佐々木彩子/神奈川大学非常勤講師>

 

英会話教材のお申込み

すぐに英語を身に付けたい方は、こちらから英会話教材のお申し込みが出来ます。

  • 無料レポート
  • 無料レポート
Catharine Nagashima
横浜市立大学及び神奈川大学非常勤講師。ウエールズ国立大学卒業。町づくりコンサルタント。
コラム一覧にもどる
この先生の他のコラムを見る
このエントリーをはてなブックマークに追加
rss
上矢印
ページTOPへ