ヒント161 英文読解“Beware the Face Eaters”-1

准教授Joe Mckim
関東学院大学文学部
         

直訳英語の罠

 

英会話教材の英会話上達研究会です。

 

日本語を直訳してしまい、変な英語を話す人ってたまに見かけますね。詰めが甘いという意味の「君は甘いよ!」をYou are sweet!なんて言ったり。今回はそんな話題です。

 

[1]

I realized the other day that many of the strange English expressions that I have heard from Japanese people over the years are related to parts of the body. Some of my esteemed senior colleagues published an interesting book on this topic not long ago,* so perhaps that is why such a thought occurred to me. 

 

  esteemed「敬意を表している」

 

●意訳
日本人の英語を何年も聞いてきて、おかしな表現は体に関係することが多いことに最近気づきました。私が尊敬する同僚の先生方が先日このテーマでおもしろい本を出したので、気づいたのかもしれません。

 

[2]

For example, I used to know an office manager who prided himself on his English speaking ability, and often encouraged or scolded his Japanese staff in English. "It comes to my head!" was one of his favorite expressions, as in: "Why doesn't anyone answer that telephone? It comes to my head!!"

 

●意訳
たとえば、昔から知っているある会社の部長さんは、英会話に自信があり日本人の社員を鼓舞したり叱ったりするときに“It comes to my head!”という英語をよく使っていました。「なんで誰も電話をとらないのか。It comes to my head!」と言っていました。

 

 

[3]

Obviously, what went wrong here is that the manager took a Japanese idiom and translated it word-for-word into English. Now, it turns out that there are a remarkable number of idioms that really do translate well. To say that your company is "tefusoku" (手不足) is not so different from the English expression "We're short-handed."
Likewise, "to lose face" is very similar to its Japanese equivalent.

 

◎ word-for-word「一語一語、逐次的に」

 

●意訳
部長の間違いは、日本語の慣用表現を英語に逐語訳したことでした。逐語訳でも通じる慣用表現はたくさんあります。会社が「手不足」と言いたいとき、英語でも“We’re short-handed.”と言いあまり違いません。また“to lose face”(面目をなくす)という言い方も日本語と似ています。

 

後編に続く

<語注&要旨 佐々木彩子/神奈川大学非常勤講師>

 

英会話教材のお申込み

すぐに英語を身に付けたい方は、こちらから英会話教材のお申し込みが出来ます。

  • 無料レポート
  • 無料レポート
Joe Mckim
関東学院大学文学部准教授。専門は英語学、英語教育法。米国イリノイ州出身。1990年に明治学院大学を経て現職に就く。研究テーマ:Learners’ planning processes for second-language speaking and writing tasks  Second-language test-taking strategies
コラム一覧にもどる
この先生の他のコラムを見る