ヒント163 英語表現-アメリカの寮生活の実態-6

教授串田美保子
関東学院大学
法学部

「誰かさんが新しい人と付き合っている」を英語で言うと? 

 

土曜の夜、私のルームメートは「サダデーナイト・ライブ」で私が笑い転げて(I was laughing my head off)いる頃にやっと図書館から戻ってくると、今度は友人のアパートでのパーティーに出かけたり(she went to a party at her friend’s apartment)、映画に出かけ(go see a movie) たりしていました。

 

もちろん私も彼女に誘われて一緒に出かけることが多かった(★問題-1)ので、よく一緒に行きました(we often went out together)。

 

彼らのパーティーでは、その週に(during the week)講義で取り上げられた話題(the topics taken up in the lectures)や課題(an assignment) についてや、レポート課題(a term paper)の話題、誰かさんが新しい人と付き合っている(so-and-so is seeing somebody new)などの噂話や、その週にマスコミを騒がせた(★問題-2)政治家(a statesman;a politician)たちの失態(a blunder)や芸能人(an entertainer)や有名人(a celebrity)のゴシップ(gossip)、斬新で(a novel)変な(eccentric; weird)ファッション(fashion;style;mode;vogue)の話題など、様々でした(a wide variety of topics)。

 

 

ところで、週末の寮の食堂では、朝は昼食兼用の遅い朝食「ブランチ」(brunch)、夕食は普通どおりのディナー(dinner)がでました。ブランチでは朝食の定番メニュー(regular meals)に加え、ピザ(pizza)やパスタ(pasta)やタコス(tacos)などランチに適したやや重い(heavy)の料理が用意されていました。

 

朝食の定番メニューには、特に加熱しないでそのまま食べるものと、加熱して(cooked)調理された料理の両方が並んでいましたが、前者を「コールド・プレート」(cold plate)、後者を「ホット・プレート」(hot plate) と呼んでいました。

 

「コールド・プレート」は果物(fruits)、コーンフレーク(cornflakes;cereals)、ロールパン(★問題-3)デニッシュ(Danish pastry)、ヨーグルト(yogurt)など、「ホット・プレート」は目玉焼き(fried eggs)やスクランブルエッグ(炒り卵;scrambled eggs)などの卵料理や、ベーコン(bacon)、ソーセージ(sausages)、ハム(ham)、ハッシュ・ブラウン(ゆでたジャガイモを刻んだものをフライパンで両面をこんがり焼いた料理;★問題-4)ホットケーキ(a pancake)、フレンチ・トースト(French toast)などでした。

 

★今月の問題★

 

英語でどのように言うでしょうか?

1)  私も彼女に誘われて一緒に出かけることが多かった   

2)  マスコミを騒がせた

3)  ロールパン

4)  ハッシュ・ブラウン

 

答え: 

1)I was often asked to go out with her  2) …attracted much attention from the mass media  3) breakfast rolls   4)hash browns 

 

 

<次回に続く!>

 

英会話教材のお申込み

すぐに英語を身に付けたい方は、こちらから英会話教材のお申し込みが出来ます。

  • 無料レポート
  • 無料レポート
串田 美保子
関東学院大学法学部教授
アリゾナ州立大学大学院英語科修士課程終了、MA(英語学修士)。サンダーバード国際経営大学院卒業、MBA(経営学修士)。専門は英語教授法、応用言語学、言語政策。
主に、英語の習得方法と教授方法を研究。現在、関東学院大学法学部教授。国際ロータリー財団奨学生選考委員。
コラム一覧にもどる
この先生の他のコラムを見る
このエントリーをはてなブックマークに追加
rss
上矢印
ページTOPへ