ヒント169 英文法“Let’s English!”-2

准教授Joe Mckim
関東学院大学文学部
         

注意! Let's cooking! なんて言わないで!

 

英会話教材の英会話上達研究会です。

 

前回に引き続きLet'sの間違った使い方を英文読解で理解しましょう!

 

[4]

Even more jarring to a native speaker than the usages above, however, is the "Let's + V-ing" pattern, as in "Let's cooking!" or "Let's talking!" This always reminds me of a student I had many years ago. I was teaching short intensive courses for adults during summer vacation. Mr. Koyama was a single office worker in his forties, very short and round. Throughout his entire week of English conversation classes, his mouth would open and his lips would move, but he never actually spoke. Like the parents of a baby, his teachers and classmates anxiously awaited his first words, but they never came. He looked terrified all day, every day.

 

◎語注

jarring「耳障りな、不快な」 intensive「集中的な」 entire「全部の」  terrified「おびえた」

 

●意訳

母語話者にとって、さらに耳障りな表現は、"Let's+動詞のing形" です。"Let's cooking!" や"Let's talking!"を聞くと、いつも何年も前に教えたある生徒を思い出します。私は夏期短期集中コースで大人を教えていました。小山氏は40代独身サラリーマンで、背が低く丸々太っていましたが、英会話の授業中に口を開いて唇を動かすだけで、一度もしゃべりませんでした。赤子を見守る親のように教師やクラスメートは心配げに第一声を待ちましたが、結局一言も発しませんでした。一日中何かにおびえているような人でした

 

 

[5]

But at the drinking party on the last night, English words started to flow out of him, beginning, of course, with "Let's."

 

●意訳

しかし最終日の飲み会でその人の口から英語が飛び出したのです。最初の言葉は、やはり"Let's"でした。

 

 

[6]

"Let's dancing!" he said to one classmate after another. (He had a sharp, high voice like a small dog's.) One hour and several drinks later, he moved on to "Let's kissing!" For better or worse, he did not address the women present, but rather the men?particularly a large, muscular member of the Maritime Self-Defense Forces. "Let's kissing!" Mr. Koyama kept demanding.   "Mr. Koyama," I said, "what happened to you? You've become a monster!" "Yes," he said cheerfully. "I am Drunkenstein!"  Well, I thought, if a man can invent a name like "Drunkenstein," then let's let him say whatever he wants.

 

●意訳

"Let's dancing!"とその人は次から次へとクラスメートに声をかけました(かん高い声で子犬のように)。1時間たって何杯か飲んだ後、"Let's kissing!"と言い始めました。良かれ悪しかれ、目の前の女性ではなく、男性、特に大柄で筋肉質の自衛隊の海軍の男性に"Let's kissing!"とせがんでいました。「小山さんどうしたのですか、怪物になっちゃって!」と私が声をかけると、「そうですよ。私はドランケンシュタインです!」と嬉しそうに答えました。「ドランケンシュタイン」のような名前を作れるような人には好きなことを言わせておこうと思ったものです。

 

 

英会話教材のお申込み

すぐに英語を身に付けたい方は、こちらから英会話教材のお申し込みが出来ます。

  • 無料レポート
  • 無料レポート
Joe Mckim
関東学院大学文学部准教授。専門は英語学、英語教育法。米国イリノイ州出身。1990年に明治学院大学を経て現職に就く。研究テーマ:Learners’ planning processes for second-language speaking and writing tasks  Second-language test-taking strategies
コラム一覧にもどる
この先生の他のコラムを見る