ヒント019 【1】TOEICスコアの100点アップ戦略

英会話上達研究会

TOEIC®スコアの概要

 

・TOEICスコア= English Ability(英語力)+ Test-taking Ability(戦略力)

 


・スコアと正答率 500点:約60% 600点:約68% 700点:約76% 800点:約84%

 

TOEIC®スコア(以下、TOEIC)とは英語力を判定しているのは言うまでもありませんが、実はもう一つ、ここに「戦略力(test-taking ability)」が加わってはじめて「正当な」スコアを意味するのです。

 

この「戦略力」は、レベルにもよりますが、おそらく100点程度に値します!

 

019f9802b8ee5ba5714130792406c5fa_s

 

つまり、TOEICへの戦略を知らないとしたら、それは本来与えられてしかるべきあなたのスコアではなく、著しく不当なスコアがそこに示されているということです。

 

 

今よりも100点アップを目指す方法とは?

 

それは、Listening SectionとReading Sectionでそれぞれ50点ずつ上乗せするのが現実的です。つまり、Listening Section と Reading Sectionでそれぞれ7問くらいずつ正答数を増やせば、目標はほぼ達成できるわけです。

 

 

その戦略力の中でも最も重要なのがTime Management (時間管理)。これを、ただキープするだけでもスコアは変わります。後半のリーディングセクションの例を示しましょう。

 

 

イメージとしては、マラソンランナーが一定距離を通過したときにラップタイムをチェックするような感じです。

stopwatch-259303_1920

 

公開テストは午後1時開始。リスニングは46分ありますから、リーディングは、1:46スタートです。Part 5とPart 6の所要時間は合わせて20分以内ですから、2:06が最初のチェックポイントです。

Part 7のSingle Passageは30分、つまり2:36が第2チェックポイントです。そしてラスト25分でDouble Passageというタイムの刻み方が理想的です。いや、これを必ず実践すべきなのです。

でも、そうはうまく行かないのがテスト。このペースをキープできないときはどうすればいいのか?潔く捨てます。なかなか捨てられない気持ちはよくわかりますが、大切なのはトータルスコアです。捨てる勇気が必要なのです。

 

英会話教材のお申込み

すぐに英語を身に付けたい方は、こちらから英会話教材のお申し込みが出来ます。

  • 無料レポート
  • 無料レポート
コラム一覧にもどる
この先生の他のコラムを見る
このエントリーをはてなブックマークに追加
rss
上矢印
ページTOPへ