ヒント020 【2】TOEICに勝つ秘策

英会話上達研究会

 

TOEICでは問題を捨てれば得点はアップする!

 

コラム「TOEIC点数アップ講座【1】TOEICスコア100点アップを目指す戦略」で、TOEIC®テスト(以下、TOEIC)ではタイムマネジメントが大切ということをお話ししました。しかし、もしペースをキープできなくなったときはどうすればいいのでしょう?

そのときは、トータルスコアを守るために、いくつか問題を捨てる決断も必要です。

といっても、何でもかんでも捨てるのでは戦略としては失敗です。TOEICは、超初級者から超上級者まで同じテストを受験します。当然、初級者向けの問題もあれば上級者を満足させる問題もあります。

23017dcc6d022eb539aad69a9933d766_s

 

捨てるのは上級者向けの問題で、初級者用の問題は積極的に取りに行くべきです。

 

 

あなたが野球のピッチャーだとしましょう。自分で最後まで完投しなくてはならないとき、イチロー選手のような超一流のバッターをいつまでも相手にするのは時間とエネルギーのムダ。さっさと敬遠するのが得策です。重要なのはイチロー選手に勝つことではなくて、「試合に負けない」ことですから。

ここで、初級者と上級者向けの問題では配点に差があるのではないかとの疑問が出てきます。確かに、ゲームなどでは強い相手を倒すとより高いポイントを得られます。しかし、TOEICは違います。

1問の価値は全て同じなのです!

 

time-1485384_640

 

倒しに行くのは「弱い」相手。強い相手とはあまり関わらない、つまり捨てます。そして次へ。先に進めばそれだけ弱い相手が現れてきますから。実社会では卑怯と思われるでしょうが、TOEICの世界ではそれでいいのです。これも実戦的な戦略です。

 

英会話教材のお申込み

すぐに英語を身に付けたい方は、こちらから英会話教材のお申し込みが出来ます。

  • 無料レポート
  • 無料レポート
コラム一覧にもどる
この先生の他のコラムを見る