ヒント100 TOEIC英文法講座:間違えやすいLet’sの使い方

准教授Timothy Minton
日本医科大学

覚えておこう!Let'sの後ろは必ず動詞!

 

語注を手がかりに英文を読もう!

 

The grammatically impossible use of let's is ubiquitous in Japan, particularly in advertising and product names: Let's note, Let's BBS, Let's communication, Let's enjoyment Bambi village life (all of which I've just found on a quick Google search of Japanese web pages, along with many others).

 

What examples of this sort look like to a native speaker of English is probably similar to what an American laptop called 「 コンピューターましょう」 or an English-language advertising jingle using 「伝達ましょう」 would look like to you, i.e. probably incomprehensible and certainly ridiculous! As with 「ましょう」, let's has to be used in conjunction with a verb; using it before a noun is simply wrong.

  

But there is more to it than that. In my writing classes, I often get the students to compose letters of advice to people who have written to newspaper agony columns. Almost invariably, one or two of them will include something like Let's discuss the matter with your husband. This is grammatically correct, of course, but I'm sure many of you can see the problem: there is no possibility that the student will be involved in any discussions with the letter-writer's husband!

 

 

Like -mashou in Japanese, let's is used to make suggestions or to issue gentle instructions (if I say to my students, Let's look at page 26, I am in fact giving an instruction rather than merely making a suggestion). But unlike with -mashou, a suggestion or instruction made with let's, which is of course a contraction of let us, must involve both the speaker and the person(s) (s)he is speaking to. If I say to my wife, Let's wash the dishes, she will automatically assume that I am planning to help; if I say to my students, Let's look at page 26, they will expect me to do so as well. At least, they will if they correctly understand my English! 

 

<語注>

BBS「ビービーエス(Bulletin Board System (or Service) の略称)(電子掲示板)」 ubiquitous「至る所にある」 advertising jingle「調子のよい宣伝文句」 in conjunction with「~と結びついて」agony column「(新聞の)人生相談欄」invariably「いつも」 contraction「短縮」

 

 

◆要旨◆

Let'sの用法で文法的にありえない用い方が日本ではよく見かけられます。特に、宣伝文句や商品名においてです。例えばLet's note, Let's BBS, Let's communication、といった類です。これは英語話者にとって、ラップトップの製品名が「コンピューターましょう」だったり、「伝達ましょう」というコマーシャルが聞こえてくるようなもので、こっけいです。let's の後ろは動詞でなければなりません。名詞は誤りです。let's の使い方の誤りは他にもあります。私は英作文の授業で学生に、新聞の人生相談の投稿者へアドバイスする手紙をよく書かせますが、たいてい1人か2人は Let's discuss the matter with your husband.(ご主人と話し合いましょう)といったような文を書きます。この文は文法的には合っていますが、ちょっと変です。アドバイスをした学生が投書者の夫と話し合うわけではないでしょうから。日本語の「~ましょう」のようにlet's は提案したり丁寧に指示するときに使われます。しかし、日本語の「~ましょう」と違って、let'sはlet us の短縮形ですので、必ず話者と聞き手双方が関わります。ですから、もし私が妻に Let's wash the dishes. と言えば、当然妻は私がお皿洗いを手伝うと思いますし、学生にLet's look at page 26. と言えば、学生は、私も一緒に26ページを見ると思うでしょう。そして、学生もそのページを開けるでしょう、もし私の英語を正しく理解できればの話ですが。

 

英会話教材のお申込み

すぐに英語を身に付けたい方は、こちらから英会話教材のお申し込みが出来ます。

  • 無料レポート
  • 無料レポート
Timothy Minton
1959年、ロンドン生まれ。キングズスクール・ウースター校、ケンブリッジ大学卒業。日本滞在は20年以上に及び、『ここがおかしい日本人の英文法Ⅰ-Ⅲ』(研究社出版)など著書多数。ケンブリッジ・オックスフォード協会東京支部名誉幹事。音楽、旅行、登山、ゴルフが趣味。
         
コラム一覧にもどる
この先生の他のコラムを見る
このエントリーをはてなブックマークに追加
rss
上矢印
ページTOPへ