ヒント107 TOEIC実践講座【10】Part1~2復習/前編

英会話上達研究会

TOEIC Part1&Part2得点のコツは消去法!

 

出題は(株)旺文社の協力のもと『新TOEIC TEST実戦セミナー<改訂版>』より。

 

TOEICリスニング編は、これより復習の段階に入ります。今回は、「TOEIC Part 1(写真描写問題)」と「Part 2(応答問題)」について再チェックしてみましょう。

リスニング部門で初級者と中級者がスコアを安定させるのに最も大切なパートが、このPart 1とPart 2です。とりわけPart 2では、ストラテジーをしっかりと身につけさえすれば、得点率の大幅な上昇が見込める部分なのです! 

 

 

★★Part 1とPart 2の共通戦略は「消去法」★★

 


Part 1(写真描写問題)


1. 流れてくるそれぞれの英文は、おおまかに「3つのパーツ」から構成される。

2. 各パーツについて「誤り(×)を探す」。×が1つでもあれば、それは当然不正解。


例えば、次のように「×を探す」ことに的を絞り、「消去法」によって正答を確定しましょう。

 

Look at the picture marked No. 1 in your textbook.

(A) He's typing a message.
   ○    ○   ×

(B) He's moving the blackboard.
   ○   ×      ×

(C) He's looking for a piece of chalk.
   ○     ×      ×

(D) He's drawing a chart.
   ○   ○    ○ 

 

 ⇒(A)、(B)そして(C)を消去できれば、(D)を聞かなくてもこれを正答と判断できる。

 

 

Part 2(応答問題)

1. 質問文ではっきりと聞こえてくる語と同じ、または類似した音を含む選択肢は「選ばない」。
(ただし、選択疑問文は例外です。“Would you like coffee or tea?” “I’d like coffee, please.”)

2. 30問中12~14問がWh-疑問文。Whを絶対に聞き逃さない点が最重要ポイント。

3. 以上2つの戦略でPart 2はほとんどカバーできる。

 

例えば、次のように「誤り(×)を探す」ことに的を絞り「消去法」によって正答を確定しましょう。

 

When will the product be ready?  ⇒冒頭のWhenを絶対に聞き逃さない。

 

(A) This is the ready-made product. ⇒readyとproductが重複しているため×。

(B) No, I’m not. ⇒Wh-疑問文はYes/Noでは応じられないため、自動的そして即座に×。

(C) Sometime next week. ⇒(A)と(B)を消去できれば、(C)を聞かなくてもこれを正答と判断できる。

 

さあ、以上を踏まえて、次の確認問題にチャレンジしてみましょう。

次回は問題編です!Let’s Try!

英会話教材のお申込み

すぐに英語を身に付けたい方は、こちらから英会話教材のお申し込みが出来ます。

  • 無料レポート
  • 無料レポート
コラム一覧にもどる
この先生の他のコラムを見る