2004年05月21日 026号

英語は「話す」前に「聴く」

 

皆さんこんにちは、モモコです!(*^-^*)

 

前回、モモスケさんがお話してくださった、

 

言葉を習得するには、その言葉を聴き取れなければならない

 

みなさん、覚えていますか?私達が今現在日本語を苦もなく話せているのは、日本語を赤ちゃんの頃からずっと聞き続けているから、なんです。聴き取れるからこそ、話せる。

 

【音】を【聴き取り】そして【真似】して【発音】してみる。【話す】前に【聴く】

 

これが、英語を話せるようになる【ポイント】デス!英語だけではありません、モモコは、これは全ての言葉を習得するための共通のキーだと思ってマス。日本語を話せるようになるのに、イキナリ文法からなんて習わないですよね?


イキナリ、ひらがな・カタカナを覚えるワケではないですよね?文法は大事デス。でも、それは、あくまで言葉を知っている段階で、デス。言葉を知らないのに、文法を勉強したって上達するワケがないですよね?言葉を知るためには、まずはその言葉のネイティブスピーカーのマネから始まるとモモコは思いマス。

 

ただ【聴く】ことが大事と分かったモモコ、でも気づいたら周りにネイティブがいません!そんな時、発見したのが英語のラジオ局とNHKの英会話講座。ホントにとっても役に立つんデス!皆さんも是非一度お試し下さいネ♪初めから全て完璧に聞き取ろうなんて思わないで下さいネ!英語に関しては皆さんまだまだ赤ちゃん、と思ってとりあえず【慣れる】ということから初めて下さい!それが、途中で嫌になったりしない【コツ】だと思って下さいネ♪

 

 

何度も繰り返し聴いたりしているうちに、だんだん英語に慣れてきます。そうすると不思議なことに、なんとなく聴き取れるようになってくるんデス。

 

・「あ!今言った言葉、なんとなくわかった!」

・「あれ、もしかして今こう言ったのかな」

 

そうなってくると、どんどん楽しくなってくるんデス♪聴き取れるからこそ楽しくなってくる。そうするとどんどんやる気がわいてくる。やる気がわいてくるから長続きする。苦もなく英語を聴き続けることができるんデス♪聴き続けることができるから、気づいた時にはある程度話せるようにもなってます。話せるようになると、なんかネイティブ相手に試したくなってウズウズしてくるんですヨ。だからモモコ、オーラルの授業が楽しみで楽しみで仕方ありませんでした♪

 

今日はどれくらい話せるかなぁ
今日はどれくらい通じるかなぁ
ドキドキ、ワクワク♪

 

英語の授業とは大違い、楽しくて楽しくて仕方なかったモモコ、オーラルの授業では足りなくて、休み時間に職員室にまでおしかけた事もありマス。グラマーの授業ではわからなくても職員室にまで行って先生に聞こうなんて思ったこともありません。でも、よぉ~く考えたらそれって不思議なことでもないですよね?文法の授業が楽しくないのは、普通だと思うんです。

 

だって母国語の日本語ですら、小学校に入学する、7歳の頃までは、読み書きも文法も習わなかったんです。もし、私達がいきなりひらがな・カタカナを勉強させられてたら、楽しいって思いますか?私だったら苦痛でおもしろくも楽しくもないって思うと思います。日本語を話せるようになって、小学校入学するまでの約7年間は、読み書きできなくても、文法を知らなくても、今、私達は読み書きもでき、文法もわかります。苦もなく、できるようになったんです。英語も同じような経過を辿れば、苦もなく話せ、読み書きもでき、文法もわかるようになるのでは?と、モモコは思ったんデス。

 

●イキナリ読み書きなんかしなくってもいいんデス。

●イキナリ文法なんて覚えなくったっていいんデス。

 

まずは英語に慣れることが大事デス。英語を聴かなければ話すことはできません!みなさんはそう思いませんか?

 

>>英語に慣れて7年後に初めて文法を勉強し始めたって遅くない<<

 

日本語だってそうだったんですから。だから!クドイようですが、モモコは思いマス!いえ、断言します!皆さんは必ず英語が話せるようになります! 英語さえ、日常的に聴ける環境を作ればいいだけ、なんです!高いお金を払って駅前留学なんてしなくっても!高いお金を払って、怪しい教材なんて買わなくっても!生の英語さえ聴いていれば、必ず話せるようになりマス!英語の授業が苦手で大嫌いだったモモコが、人一倍努力が嫌いなモモコが、話せるようになったんですから!これは絶対デス!(^▽^)

 

だから、皆さんも、まだまだ諦めないで下さい!言葉は勉強するモノではありません、耳で聴いて覚えるモノです!モモコはそう信じてマス!

 

モモスケさんによれば…

 

◇ 聴くことのできないない音を、人は発声することができない

◇ 初心者が英会話を上達させるには、英語を聴くことが近道

 

英語は(当たり前ですが)言葉なんです。その言葉を定義すると、

 

その社会を構成する人びとが思想・意志・感情などを伝え合うための記号として伝統的な慣習に従って用いる【音声】。また、その【音声】による表現行為。〔広義では、それを表わす文字や、文字による表現及び人工語・手話語をも含む〕 (注:【 】モモスケ付記)新明解国語辞典/三省堂より

 

つまり

 

>> 言葉とは意思の疎通を図るための【音声】です <<

 

だから


>> 英語とは、意思の疎通を図るための英国式の音声です <<

 

英語という【音声】をマスターしようっていうのに、なぜだか【文字】で勉強する英語オンチの日本人…。サッカーという【スポーツ】をマスターしようっていうのに、なぜだか【サッカーのルールブック】を熱心に勉強する運動オンチ。この例えですが、なぜ運動オンチがサッカーをマスターできないか?説明は不要ですね?なぜ英語オンチが英語をマスターできないのか?説明は…もちろん不要ですね?

 

>> 【音声】を使って英語をマスターしよう! <<
  

随分前にカラオケの習得法をお話ししました。『SMAP』の新曲をマスターし、カラオケBOXでデビューするには、
「歌詞カードとにらめっこして暗記する」「歌詞の意味や知らない単語を調べる」なんてことは当たり前ですが、一切不要!です。大切なことは

 

・CDを何回も曲を聴いてリズムやメロディーを覚える

・歌詞はメロディーの一部=音として覚える

・ 『SMAP』の歌い方をマネしちゃたり…

・曲と一緒に口ずさんでみちゃったりしながら曲を覚える。こうして歌をマスターしないと、カラオケで歌えません。

 

インプットしてない=知らない歌は絶対に歌うことができません。歌うためにはその前に音を聴く=まずは音のインプット、が絶対に必要なんです。同様に言葉もインプットしてない=聞いたことの無い言葉は絶対に話せません。話すためには、その前に音を聴く=まずは音のインプットが絶対に必要なんです。

 

それでは、またお会いしましょう!

ここまで長々とお付き合い下さってありがとうございます!(^▽^)ノ

英会話教材のお申込み

すぐに英語を身に付けたい方は、こちらから英会話教材のお申し込みが出来ます。

  • 無料レポート
  • 無料レポート

コラム一覧にもどる

このエントリーをはてなブックマークに追加
rss
上矢印
ページTOPへ