2005年07月16日 047号

英語を話す具体的練習法とは?

 

あなたの英語上達の目的は何ですか?

 

みたいな問いかけをすると、

 

・英語でコミュニケーションが取れるようになりたい!

・海外旅行で困らないようになりたい!

・ビジネスで英語が必要!

・TOEIC高得点を狙いたい!

・字幕なしでDVDが観たい!

 

このあたりが上位のご回答で、大体の皆さんが、上のいずれかに当てはまるように感じています。<海外旅行で困らない> や <ビジネスで英語が必要!>は、<英語でコミュニケーションが取れるようになりたい!>の一部に含まれるので、本当に多くの読者が、【英語が話せる】ことへの希望を、強く感じていらっしゃる様子です。ごもっともです。

 

【英語が話せること】は、多くの英語学習者の最大の目標です。

 

この目標には『どのレベル?』という具体的なレベルが明記されて無いのですが、特に説明することもなく、皆さんの共通認識として『ネイティヴと会話するのに支障のない程度』という想いが胸のうちにあるはずです。

 

【ネイティヴと会話するのに支障のない程度に英語が話せる】

 

初級の方が比較的多い、このメルマガ読者のあなたにとって、これが当面の目標ではないでしょうか?ではどうやってこの目標を達成するのか?アクションを起こさない限り、目標は夢で終わります。夢にニンベンが付くと【儚】に変わると金八先生は言っていましたが、英語を話すことを儚い夢で終わらせるのは、あまりにも悲しすぎます。なので目標達成に向け、早速トレーニングを始めましょう!そのトレーニング方法は至って簡単です。

 

毎日英語を聴く

 

これです。

英語を話せるようになる為には、英語を【話す】練習をする!と勘違いされる方が多いのですが、初級者にとってはこれは間違いです。

 

人間は聴き取れない音を、声に出して話すことが出来ません。

 

仮に英文を丸暗記し相手に英語で伝えたとしても、相手からの答えを、あなたは理解することが出来ません。つまりコミュニケーションは成立しません。その逆に、相手の言葉が聴き取れたならば、極論ですがYes・Noでも自分の意
思は伝えられるのです。

 

まずは英語を聴き取り【音】を理解できるようになること。

 

英語を話す練習は、中級者以上の方が取るべき練習方法です。読者のあなたが初級レベルならば、まずは英語を聴くことから練習を始めてください。英会話スクールも語学留学も必要ありません。まずは1日5分でもOKですから、目を閉じて良質のナチュラルスピードの英語を聴くことから始めてください。

 

市販の教材はスロースピードのものが殆どですから、充分気をつけて下さい。必ず良質のナチュラルスピードの英語を使うことを忘れずに!できればなるべく短いセンテンスを何度も何度もリピートして聴く方が効果的です。小説など長めの文章は、キリの良いところで一旦切り、短く加工し、繰り返し繰り返し聴けばOKです。

 

この際、注意すべきことはたった一つ!

 

聴くときは【英文】を絶対に見ない=目を使わないことです。教科書も辞書も要りません。【耳】だけを使い【音】だけに集中することです。

 

最初は(当たり前ですが)ちんぷんかんぷんですが、それでも気にしないで下さい。聴き取れなくて当たり前です。最初から自転車に乗れないのと同じです。肝心なことは諦めないことです。聴き取れなくても気にせず、聴き続けることです。

 

そんなことを1週間も続けていると、ところどころの単語が耳にひっかかって来るようになります。意味が分からなくても、カタカナでなら書くことができるくらい【音】が耳に届くようになります。そこで初めて【英文】を見て、なんと言ったのか?を確認するのです。これが基本中の基本。これが英会話上達の基本トレーニングです!(勉強ではありません。)

 

まずはお試しくださいませ!効果絶大ですよ~。

英会話教材のお申込み

すぐに英語を身に付けたい方は、こちらから英会話教材のお申し込みが出来ます。

  • 無料レポート
  • 無料レポート

コラム一覧にもどる