2008年06月12日 116号

英語教材:英語の省略形

「ケンタッキーフライドチキン」って、何て呼びます?

 

「ケンタッキー」

「ケンタ」
「ケンチキ」
「ケンフラ」

 

日本全国ところ変われば呼び方変わる、ということで様々な言い方があります。でもなにかの雑誌によれば、最近の言い方は

 

「フラチン」

 

なんだそうです。女子高生言葉らしいのですが…。ちょっとねぇ。

 

モモスケの場合は少し気取って

 

「KFC」

 

なんて呼んだりしますが、今回はこの「KFC」のような「英語の略語」のお話。

 

英語にはたくさんの「略語」があります。

「略語」は英語でAcronym といいますが、厳密に言うと、NATO(ナトー)のように一つの単語として発音されるものをいい、NHK(エヌエイチケイ)のように文字を別々に発音するものを、initialismと表現して使い分けているようです。

ま、細かいところは置いておいて、今回は様々な「略語」をみていきましょう。

 

まずモモスケが最初に習った「略語」はこれ!


◆ UFO = Unidentified Flying Object

 

日本語としてよく使うIDカードの「ID」は、identification = 身元確認とか身分証明、本人識別票(軍の人が首から提げているアレ)という意味。その単語を動詞にすると identify=確認する に。さらに 否定を表すun を頭に、後ろに ed をつけて形容詞に変えた単語が Unidentified という単語。

 

Unidentified 「確認することができない」

Flying  「飛んでいる」

Object 「もの」

  ↓
未確認飛行物体

 

ちなみに焼きそばの方のUFOは U=うまい F=太い O=大きいの略。

 

 

◆ DVD = Digital Versatile Disc

 

「CD」が compact disc の略なので、「DVD」は Digital Video Disc かというと、実はそうではなく、V = Versatile「多用途の」という意味。

 

Digital  「デジタル式の」

Versatile 「多用途の」

Disc  「円盤状のもの ディスク」

  ↓

デジタル式多用途ディスク


◆ SCUBA = Self-contained Underwater Breathing Apparatus

 

スキューバダイビングのスキューバも実は「略語」。ダイビングのライセンスを取得するときに習いました。

contain は「含む」という意味なので、それにselfがついて、自分自身で含んでいる≒内蔵しているってニュアンス。Self-contained は内蔵タイプの、自給している という意味。

 

Self-contained 「自給式」

Underwater  水の下=「水中」

Breathing  「呼吸」

Apparatus 「器具・装置」

  ↓

自給式水中呼吸装置


◆ LASER=Light Amplification by Stimulated Emission of Radiation

 

見つめ合う視線のレーザービームが~♪ のレーザーも「略語」です。日本語として「言葉」の意味が理解できても、それがなんなのか全く理解できないタイプの言葉。

 

Light 「光」

Amplification 「増幅」

by 「~による」

Stimulated 「誘導された 刺激を受けた」

Emission  「放出」

of 「~の」

Radiation 「輻射 放射」

  ↓

輻射の誘導放出による光増幅  …何それ?レーザーでいいじゃない!

 

 

◆ ASAP = As soon as possible

 

もうこれは説明不要ですね。

「エイエスエイピー」と発音する人もいれば、「エイサップ」と読む人もいます。肝心なのは2通りの発音があるということを覚えておくことです。突然「エイサップ!」と言われ、「はぁ?」とならないようにね!

 

 

◆ CU = See you

 

英語チャットなどでよく目にする「略語」です。知らないと何のことだがさっぱりわかりません。See の音を C に置き換え、you の音 U に置き換えたままの表現。「じゃあまたね!」を「CU」と書くところがクールなんだろうなぁ。

夜露死苦!と同じ発想なのかも。

 

 

◆ FYI = For your information

 

外資系企業や小洒落た広告代理店などで飛び交う「略語」。社内メモのコピーに「FYI」と書いて、参考資料として渡したりする時に使うことばです。「ご参考までに」の意味。モモスケのいた会社は、「FYR」= For Your Reference を使ってました。他にも

 

PCB = Please Call Back  「折り返し電話願います」

TNX = Thanks 「ありがとう」

 

何て言葉が使われていました。皆さんも何かの機会に使ってみては?

CU!  (^◇^)ノ モモスケ

英会話教材のお申込み

すぐに英語を身に付けたい方は、こちらから英会話教材のお申し込みが出来ます。

  • 無料レポート
  • 無料レポート

コラム一覧にもどる

このエントリーをはてなブックマークに追加
rss
上矢印
ページTOPへ