2008年09月27日 123号

英語教材:英語の動詞の基本

前々回号あたりで、モモスケの新コンテンツをご紹介いたしました。

こんなの↓
http://www.eiken.or.jp/eikentimes/joe/20080701.html

その連載の中で、ありがたいことにたくさんの読者の皆さんが様々な英文を投稿してくれるのですが、それを見ていたら、同じような文法のミスが多いことに気がつきました。文法ミスに法則性があった!って感じですね!(かなり大げさ!)

 

この文法のミスですが、「まだその文法を習っていないよ!」という小学生や中学低学年の皆さんから、ある程度の年齢の皆様まで、意外と共通しています。

 

面白いですね。

 

もちろん「文法を気にしすぎて言葉が出ない!」という状況は好ましくないことから、文法は考えすぎない!というのがモモスケの持論。ですので、今回の主旨もミスを指摘するということではありませんよ~。

 

では間違いを見ていきましょう!※英文はあくまでサンプルで、オリジナルの文章です。


■ I'm found a good girl. ×
    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

be動詞(am is are等)と一般動詞(make play run等)をミックスしちゃった例です。be動詞と一般動詞は、原則として二つ同時には使いません。いずれか一方を文章の中で使うようにと、中学生で習いました。古くは(今も?)、be動詞は「である動詞」なんて言われていて、

 

・僕は大学生である。  とか
・ミルクは僕の犬である などと言う時に登場する動詞です。

 

モモスケの日常のような「飲む」「歌う」「眠る」「太る」などの一般動詞とは混合して使いません。なので正しくは

 

□ I found a good girl. ○

 

となります。


■ What your favorite baseball team? ×
    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

今度はその逆に、動詞がないパターン。確かに「音」をキチンと聞かないと「What」と「What's」が同じ感じになりがちかもしれないけど、これは大違いです。 「's」これくらいいいじゃん!と思うかも知れませんが、動詞は大事です。
※「's」は「is」の省略した形です。

 

□ What's your favorite baseball team? ○

 

ちなみに動詞ですが、日本語的に説明すると、動作や作用を表す言葉で、最後の音が「う」になる品詞です。

 

・食べる → る を言い続けると最後に「う」になるでしょ?
・働く  → く を言い続けると最後に「う」になるでしょ?
・指す  → す を言い続けると最後に「う」になるでしょ?


■ I enjoy take a walk! ×
    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

一般動詞を二つ使っちゃう間違いもとても多いです。ニュアンス的には「俺は楽しむ、散歩」と言う感じで、言葉として美しくないです。動詞を二つ使いたい時は、二つめに出てくる動詞(この場合はtake)に「ing」や「to」をつけることで解決しましょう。

 

□ I enjoy taking a walk! ○

 

「ing」をつけるのか「to」をつけるのかは、長くなりますので、またの機会に。


■ do you play any sports? yes, i do. ×
    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

最近の流行なのでしょうか?はたまた英語チャットなどでは、こう使われるのでしょうか?なぜか文頭の文字まで全て小文字で送ってくる方が多いのです。なんだかオヤヂ世代のモモスケには、とっても違和感がある書き方です。

もしかしたらカジュアルな雰囲気を出したいのかもしれませんが、だとしたら相手と自分の関係を、しっかり理解した上で書かないと、失礼な印象を与えかねません。

 

その逆に大文字だけで書く場合は、強調する際などに使われる場合があります。メールではイタリック体(斜めに傾いたフォント)が使えないのでその代用にする場合があります。

 

そうは言っても、特定の単語のみならず文章すべてを大文字で書くのは、相手を挑発する意味もあり、とってもマナーが悪いことなので、メルマガ読者の皆さんは絶対にマネしちゃダメですよ。正しくはもちろん、

 

□ Do you play any sports? Yes, I do. ○

今日は、よくある英語の間違いをご紹介しました。どこが間違っていたか?みなさんわかりましたよね??

ほんじゃまた (^◇^)ノ モモスケ

英会話教材のお申込み

すぐに英語を身に付けたい方は、こちらから英会話教材のお申し込みが出来ます。

  • 無料レポート
  • 無料レポート

コラム一覧にもどる