2009年02月06日 131号

英語教材:英語と日本語のニュアンス

新教材「集中5分!スラスラ話せる英会話」の解説の中で、言語学博士の御園先生が

 
ところで「トイレを借りるの“借りる”って何て言いますか?」のようなお話しをされていました。

「借りる」と言ってすぐにアタマに思い浮かぶのは、borrow ですね。じゃあトイレを借りるのに

 

May I borrow the bathroom?

 

と言って伝わるかというと、もちろん伝わらないのは有名なお話しです。こう言ってネイティブに大笑いされたなんて話しもありますね。

「そんな話し知ってるよ!」という方は多いのですが、borrow は、どういうときに使えばいいかを
明確に整理できている人は意外と少ないようです。

borrow は 「無料」 + 「どこかに持って行く」

 

基本は、この条件が揃った時に使います。トイレは「無料」かもしれませんが、「どこかに持って行く」ことができないので、borrow が使えないというわけです。図書館から本を借りる時や、友だちからCDを借りる時に使いましょう!

同じCDを借りるのでも、お金を払うとなるとチョット違ってきます。これは、もはや日本語化した単語「rent」を使います。友だちからではなく、お金を払ってCDを借りる場合は、rent を使いましょう。

さてでは問題のトイレですが、これはuseでOKです。


use は 「無料」 + 「持ち去らずその場で借りる」

 

基本は、この条件が揃った時に使います。トイレは持ち去ることが出来ませんからね~!
ではこんな時、どんな単語が最適ですか?

 

・バッテリー切れちゃった!ちょっとケータイ借りていい?
・作業するのにハサミが足りないな…、総務に借りよう!
・留学中の留守の間、部屋を借りていい?

 

ちょっと考えてみましょう♪

 

他にもlease hire など、「借りる」とひと言で言っても、様々ありますね。じゃあ「貸す」はどうでしょう?と考えていくと、単語力の幅も広がりそうです。

 

早速辞書でチェックしてみましょう♪
                 

ほんじゃまた (^◇^)ノ モモスケ

英会話教材のお申込み

すぐに英語を身に付けたい方は、こちらから英会話教材のお申し込みが出来ます。

  • 無料レポート
  • 無料レポート

コラム一覧にもどる

このエントリーをはてなブックマークに追加
rss
上矢印
ページTOPへ