2010年04月03日 153号

英語教材:英文読解

Mark Connolly 先生というアメリカ人の先生がおりました。

 

今はボストンに戻ってしまったようですが、少し前に別のお仕事で「記事」をお願いしたことがありました。学生に向けた記事ですが、その内容がなかなか興味深く、これは皆さんにもお伝えしたいな~と思い、今日はそんなMark先生の英文を抜粋してご紹介します。

 

難しい内容ではありませんので、初心者の方も語注と意訳を手がかりに、少しずつ読み解いてみましょう。

 

「Keeping Your Journal-ライティングに差をつける」/英語面白楽会SEEN2008年12月より部分抜粋

英文/Mark Connolly 元明治学院大学客員教授

 

【1】

 

If you really want to improve your English, you can make practice fun by personalizing your English learning outside of your English classes and without the dull pressure of doing English for homework. Personalizing

your English means finding ways to make English fun and interesting to you personally. When you personalize your English learning outside of English classes, your English skills develop naturally while you're doing something interesting and having fun.

 

●語注

make practice fun「練習を楽しいものにする」  personalize「独自のものにする」、dull「退屈な」

 

◎意訳

英語力を高めるには、英語学習を楽しむことです。それには授業や面倒な宿題から離れたところで、自分だけの英語学習をすることです。自分だけのオリジナルな英語学習とは、英語が楽しくて興味深くなる方法を自分で見つけ出すことです。これを授業以外に行えば、楽しみながらも自然に英語力はアップして行くんです。

 

 

【2】

 

For example, you can read in English about your hobbies to improve your vocabulary and reading fluency. What do you like to read about in your native language? Start with some easy articles on the Internet or in language-learning magazines and books, and read about your hobbies and interests in English.

 

You can listen to your favorite music in English or watch interesting English-language movies to improve your listening. Sources for fun English listening practice are nearby at the local music or video rental shop, or on the Internet or your own home TV and radio.

 

●語注

improve one's vocabulary「語彙を増やす」、reading fluency「スムーズに読めること」、native language「母語」、article「記事」、nearby「近所の」

 

◎意訳

自分の趣味に関するものを英語で読めば、ボキャブラリーも増えるし英語が読めるようになります。自分の趣味や興味に合った読みやすいものをインターネットや英語学習関連の本から探して、それを英語で読んでみるといいです。

好きな英語の音楽を聞いたり、面白そうな映画を英語で見るというのも、いいですね。リスニング力がつきます。

 

 

【3】

But how about writing? How can you personalize your English writing? Before I was even a journalism student, I developed my writing skills through personalizing my writing by keeping a daily, personal journal. Starting when I was your age, nineteen or twenty, I wrote in my journal every day. I never missed a day for years. By the time I got to university, I had already developed writing skills and a personal style. 

 

●語注

develop one's skill「~の技能を磨く」、keep a journal「日記をつける」、never miss a day「一日も欠かさない」、by the time「~する頃までには」

 

◎意訳

さて、書くという点ではどうでしょうか。大学生になる前ですが、私は書くスキルを自分だけの訓練方法によってすでに身につけていたんですね。それは、日記、つまり、自分のためのジャーナルのお蔭なんですよ。19歳か20歳頃からでしょうか、一日も欠かしたことはありませんそのお蔭で、大学入学前には、書くスキルだけでなく、独自のスタイルも身につけることができたんです。

 

 

【4】

You can do it too. To make a good journal-writing habit, write in English for 10 minutes every day. Never skip a day. Always write something. If you are bored or tired or you think that nothing interesting happened that day, don't worry and don't be discouraged, just relax and write anything and have fun. But don't skip a single day.

 

Before long, you will realize many interesting things happen every day to write about in your English-language journal. As the days and weeks and months go by, you also will gain confidence to writesimply in English and you will gradually develop your own personal creative-writing style in English. 

 

●語注

be discouraged「気を落とす」、before long「間もなく」、realize「~に気がつく」、As~go by「~が経過するにつれて」、
gain confidence to write「書く自信がつく」、gradually「次第に」

 

◎意訳

皆さんにもできるのが、そう、これなんですよ。ジャーナルを英語で10分間毎日つけるんです。一日たりとも欠かしてはいけません。書くことがなくても何か書く、そして楽しむんです。

そのうち、書くに値しない日などないことに気がつきます。数日、数週間、数ヶ月これを続けると、英語を書くことに自信がつき、独自の創造的なスタイルも身につきます。

 

 

【5】

Personalize your English writing with a daily journal habit. It worked for me and it can work for you. 

 

●語注

work for「~の役に立つ」

 

◎意訳
英語を書く自分だけのオリジナルな練習、それが毎日のジャーナルです。これは本当に役に立ちましたね。ぜひお試しあれ。

 

いかがですか?毎日10分英語で日記、なんていうのもいいかもしれません。



ほんじゃまた (^◇^)ノ モモスケ

英会話教材のお申込み

すぐに英語を身に付けたい方は、こちらから英会話教材のお申し込みが出来ます。

  • 無料レポート
  • 無料レポート

コラム一覧にもどる

このエントリーをはてなブックマークに追加
rss
上矢印
ページTOPへ