英語教材は、
上達理論と開発者で選んでください!

大人の初心者ほど英語教材選びがとても大切です。その後の英語力アップが大きく左右されてしまいます。様々な教材があって迷ってしまうかもしれませんが、「どういう仕組みで上達するのか?(理論)」と「誰が開発したか?(開発者)」をしっかりチェックすることが大切です。この2点がしっかりしていない教材では、英語はなかなか上達しません。ここでは英語が話せるようになるためのポイントを挙げ、「30日間英語脳育成プログラム」と他社の英語教材を比較してみました。

30日間
英語脳育成プログラム
教材A 教材B 教材C

開発者

◎

英語教授法の権威である御園和夫博士開発・監修

開発者プロフィール不明

開発者プロフィール不明

英語が話せるようになった個人の体験を教材化

上達理論

◎

言語学博士の完全な上達理論

不明

独自のメソッド

個人の体験

学習方法

◎

PC教材

英語を聴き取る練習の後に、内容を理解する練習と話す練習を総合的に行う教材。 細かな学習ステップにより、自己流になることなく上達理論に沿って学べます。ナチュラルスピードの音声を聴き、文字で確認、それを発話するので、視覚・聴覚・音声全てで学べ、英語が長期記憶に残る学習法です。

PC教材
聞き取りと話す練習ができる学習教材

CD教材
CDを聞くだけ

CD教材
CDを聞くだけ

学習期間

◎

2ヶ月

初級、中級全教材学習した場合。短期速習型教材で、「英語が分かった!」を体験し、英語上達のコツをつかんでください。 (1年以上に及ぶ効果を感じられないままの学習は、途中で挫折してしまう最大の原因です。)

1年以上?
全教材を聞いた場合

1年
全教材を聞いた場合

4年
全教材を聞いた場合

総額

55,500円

全教材(初級・中級・副教材×2種)を購入した場合。

約8万円
全セットを
購入した場合
約10万円
全セットを
購入した場合
約20万円
全セットを
購入した場合

「30日間英語脳育成プログラム」は、言語学博士が開発した上達理論に沿って”正しく”英語を学ぶ教材です。30日でナチュラルスピードの英語が聴こえるようになり、話せるようになるための基礎が身につきます。

あなたの選ぼうとしている教材は、上達理論に基づいて開発された教材ですか?ナチュラルスピードの英語ですか?話すための練習は入っていますか?聴く練習の後に話す練習の順番になっていますか?きちんと英語が身につく教材を、じっくりと比べて選んでください。

教材を申し込む
このエントリーをはてなブックマークに追加
rss
上矢印
ページTOPへ