ヒント031 オフィスですぐに使えるリアル英会話集【1】

英会話上達研究会

オフィス英語とビジネス英語

 

最近多くの企業で“オフィスで英語を話す機会”が急増しています。

アメリカ本社から英語話者が出張して来たり、海外取引で海外のお客様が来社するなど、グローバル化とともに、オフィス英語がますます必要になってきています。海外支店勤務や社内公用語を英語にした会社以外でも、英語の重要性は高まる一方です。

ビジネス英語というよりも、むしろオフィス英会話と呼ぶべきなのですが、今日はオフィスで使える、覚えておくと便利な英語をご紹介します。

 

・この書類タイプミスが多すぎるよ!

letter-1840354_640


・There are too many typos in this document.

 

タイプミスは英語で何て言うのだろう?と一瞬考えてしまうかもしれませんが、実はtypoという便利な言葉があります。typoタイプミス」、複数形ならtyposです。こうした簡単だけど役に立つ言葉を知っているだけで、中学生レベルの文法でもきちんとした表現ができます。

 

 

・ネクタイが曲がってますよ。

wedding-1031493_640
 ・Your tie is crooked.

 

日本語の「曲がる」には、turn curvebendinflectなど様々な単語が存在しますが、ネクタイが曲がっている場合はcrookedを使えばOKです。オフィスですれ違い際に、さりげなく英語で一声言えるとスマートですね。

 

・健康診断の結果どうだった?

medical-563427_640
 ・How were your health checkup results? 

 

健康診断」は、health checkupmedical checkup、また単に、checkup といいます。
通常の健康診断は一つの検査だけではなく、血液検査やレントゲンなど複数行ないますので、検査の「結果」resultも複数形を使うと覚えておきましょう。

オフィス英語は、意外と簡単な表現でコミュニケーションできますので、手軽に覚えてどんどん使いこなしていきましょう。
※例文は「6週間チャレンジ!スラスラ話せるオフィス英会話」より抜粋

英会話教材のお申込み

すぐに英語を身に付けたい方は、こちらから英会話教材のお申し込みが出来ます。

  • 無料レポート
  • 無料レポート
コラム一覧にもどる
この先生の他のコラムを見る
このエントリーをはてなブックマークに追加
rss
上矢印
ページTOPへ