ヒント036 英語の頭字語

英会話上達研究会

“UFO”のような言葉を頭字語といいます。

 

頭文字だけを取って縮めた短縮言葉が英語にはたくさんあります。


日本語で言うと「頭字語」、英語では acronym といいます。厳密に言うと、「NATO(ナトー)」のように1つの単語として発音されるものを acronym と言い、「NHK(エヌエイチケイ)」のようにアルファベットを別々に発音するものを、initialism と表現して使い分けているようです。なじみ深いものから難しい言葉まで、今回はさまざまな「頭字語」をご紹介します。

 

UFO = Unidentified Flying Object

ufo-1784349_640


日本語としてよく使うIDカードの「ID」は、identification身元確認」とか「身分証明」、「本人識別票(軍の人が首から提げているアレ)」という意味。その単語を動詞にすると、identify確認する」に。否定を表すunを頭に、後ろにedをつけて形容詞に変えた単語がUnidentifiedという単語です。

Unidentified確認することができない」、Flying飛んでいる」、Objectもの」=「未確認飛行物体」になります。

 

 


・ DVD = Digital Versatile Disc

「CD」が compact disc の略なので、「DVD」は Digital Video Disc と思いがちですが、実はそうではなく、V は、Versatile多用途の」という意味です。

Digitalデジタル式の」、Versatile多用途の」、Disc円盤状のもの・ディスク」=「デジタル式多用途ディスク」になります。

scuba-diver-569333_640

 


・SCUBA = Self-Contained Underwater Breathing Apparatus


スキューバダイビングの「スキューバ」も実は頭字語です。contain は「含む」という意味なので、それに self がついて、「自分自身で含んでいる→内蔵している」というニュアンス。self-contained は「内蔵タイプの、自給している」という意味です。

self-contained自給式」、Underwater水中」、Breathing呼吸」、Apparatus器具・装置」=「自給式水中呼吸装置

 

 

・LASER = Light Amplification by Stimulated Emission of Radiation

green-1757807_640


レーザー光線などの「レーザー」も略語です。日本語として意味が理解できても、それが何か理解できないタイプの言葉と言えるでしょう。

Light」、Amplification増幅」、by~による」、Stimulated誘導された」、Emission放出」、of~の」、Radiation「輻射、放射」=「輻射の誘導放出による光増幅

…日本語でも意味が分かりません。 (>_<)

英会話教材のお申込み

すぐに英語を身に付けたい方は、こちらから英会話教材のお申し込みが出来ます。

  • 無料レポート
  • 無料レポート
コラム一覧にもどる
この先生の他のコラムを見る
このエントリーをはてなブックマークに追加
rss
上矢印
ページTOPへ