ヒント162 英文読解“Beware the Face Eaters”-2

准教授Joe Mckim
関東学院大学文学部
         

英語教材の英会話上達研究会です。

 

He eats girls’ faces. この意味分かりますか?詳しくは本文で!

 

[4]

There are also those cases where the Japanese and English idioms differ in just one critical point. When I heard an elderly lady tell me, “I’ve washed my feet of that Culture Center,” I laughed, but I knew what she meant. (In English, we wash our hands of a tiresome or undesirable thing.)

 

  critical「重大な」 wash one’s hands of「~から手を引く(「足を洗う」に近いが、その対象は悪事とは限らない)」tiresome「いやな」 undesirable「やっかいな」

 

●意訳
日本語と英語の慣用表現が一部分だけ違う場合もあります。「あのカルチャーセンターからwashed my feet」と年配の女性が言ったのを聞いて笑いましたが、意味はわかりました。(英語では、「いやなことからwash our hands(手を引く)」と言います。)

 

 

[5]

But in most cases, the direct translation of idioms just doesn’t work at all. When I heard two female students talking disparagingly about a male classmate, I was astonished when one of them said, “He eats girls’ faces.” He seemed like a nice, gentle boy to me, but according to his classmates he was an insane serial killer. (Of course, the crazy ones always seem gentle and nice.) Then they explained the term men-kui (面食い) to me, and I realized that his fault was actually quite minor.

 

●意訳
しかし多くの場合、慣用表現は直訳では全然通じません。2人の女子学生がクラスメートをけなしているのを聞いて驚いたことがあります。“He eats girls’ faces.”と言っていました。学生はやさしくて良い感じなのに、クラスメートによれば狂気の連続殺人犯です(狂人はやさしく見えるものです)。女子学生が面食いという語を説明してくれて、男子学生の罪はたいしたことではないとわかりました。

 

  disparagingly「けなして」 insane「狂気の」 serial「連続的な」  

 

 

[6]

Then there was the former student who was hired by a famous food producing company in Japan. When I asked him what he was doing in the company, he said, “My face is attached to the Oils and Fats Department.” I immediately had a disturbing image of large bags of hot oil and fat literally glued to his cheeks. I said something like, “I’m afraid you’ll get pimples if you keep working there,” but he didn’t laugh.

To tell the truth, I still don’t know what idiom he was trying to use. Does anyone?

 

◎ be attached to「~にくっつく;~に所属する」 disturbing「不穏な」 be glued to「~から離れない」 pimple「にきび」

 

●意訳
日本のある有名な食品メーカーに就職した教え子に会社で何をしているか聞いたことがあります。「My face is attached to 油脂部」という答えに私は文字どおり熱い油脂の大きな袋が両頬にくっついている不穏な状況をイメージしました。「そこで働くと、にきびができそうですね」と言いましたが、教え子は笑いませんでした。

実は教え子がどんな慣用表現を使いたかったのか、今でもわかりません。誰かわかりますか。

 

*The Talking Body (トーキング・ボディ 英語からだ表現辞典) by Shigeo Inaba, William I. Elliott, and Katsumasa Nishihara (Minato no Hito press 2009).

<語注&要旨 佐々木彩子/神奈川大学非常勤講師>

英語教材お申込み

すぐに英語を身に付けたい方は、こちらから英語教材のお申し込みが出来ます。

  • 無料レポート
  • 無料レポート
Joe Mckim
関東学院大学文学部准教授。専門は英語学、英語教育法。米国イリノイ州出身。1990年に明治学院大学を経て現職に就く。研究テーマ:Learners’ planning processes for second-language speaking and writing tasks  Second-language test-taking strategies
コラム一覧にもどる
この先生の他のコラムを見る
このエントリーをはてなブックマークに追加
rss
上矢印
ページTOPへ