ヒント098 TOEIC実践講座【9】Part5穴埋問題対策

教授串田美保子
関東学院大学
法学部

加算名詞と不可算名詞の見分けがカギ!

 

今月は昨年の6月号にやりましたリーディング・セクションのPart 5「短文穴埋め問題」に再び戻ってトライしてみましょう。今月は特に「数量表現」を扱う問題に的を絞ります。

 

「数量」を表す形容詞(句)とは、

  (1)数えられる名詞(可算名詞)の数を表すもの、

  (2)数えられない名詞(不可算名詞)の量を表すもの、

  (3)可算名詞と不可算名詞のどちらにも使えるもの、

 

の3種類に分けられますが、それぞれ正確に使い分けられるかどうかがテストされます。

それでは早速問題に挑戦してみましょう!

 

<例題>

1. If you want to go shopping, you’ll need __.

 

(A) a money

(B) some moneys

(C) moneys

(D) some money

 

2. Please supply the client with as __ information as necessary.

 

(A) many

(B) much

(C) a lot

(D) enough

 

3. __ our clients use bank transfers for their payments.

 

(A) Almost

(B) Most of

(C) A lot

(D) Most

 

 

<解答と解説>

「数量」を表す形容詞(句)は、大きく次の3つに分けられます。

(1)数えられる名詞(可算名詞)の数を表す形容詞(句):many、(a) few

(2)数えられない名詞(不可算名詞)の量を表す形容詞(句):much、(a) little

(3)可算名詞と不可算名詞のどちらにも使える形容詞(句):most、no、some、any、all、a lot of、lots of

 

1.

【正解】(D) 【全訳】「買い物に行きたいのなら、お金がいくらかは必要です。」

【解説】moneyは数えられない名詞(不可算名詞)なので、その正しい使い方は(D)だけ。

 

 

2.

【正解】(B) 【全訳】「我々の顧客には必要な限りできるだけたくさんの情報を提供しなさい。」

【解説】supply~with…「~に…を与える」、client「(商店の)顧客;(弁護士などの)依頼人」、informationは数えられない名詞(不可算名詞)。as many (much) ~as necessary [possible]という構文に入っているので、(B)が正解です。

 

例題1と2に共通しますが、日本語の感覚では可算名詞と思われがちな不可算名詞は覚えておきましょう。よく出題される例として、bread、homework、chalk、furniture、baggage、luggage、advice、progress、news、equipment、knowledge、jewelryなどが挙げられます。

 

3.

【正解】(B) 【全訳】「我々の顧客のほとんどは支払いの際に銀行口座振替を利用している。」

【解説】bank transfer「銀行振替」、payment「支払い」。空欄の後ろは名詞の前に所有格のourがあるのでofがついていない選択肢(C)と(D)は選べません。選択肢(A)のAlmostは副詞なので名詞を修飾しないので不正解。これは出題頻度が高いので特に注意しましょう。例”The game is almost over.”(「その試合はもうそろそろ終わるよ。」)

 

出題は(株)旺文社のご協力のもと『新TOEIC TEST実戦セミナー<改訂版>』より

 

今月はPart6の問題で特に「数量表現」の語彙力を試す問題に絞ってチャレンジしてみましたが、いかがでしたか?可算名詞と不可算名詞の使い分けはよくテストされますので、あまり慣れていないと思う人は、いっそのこと「暗記!」してしまいましょう。ではGood luck!

★ひとりごと★

寒い毎日ですがみなさんお元気にお過ごしでしょうか。私は風邪予防のための「うがい」と、うがいでは届かない「喉の奥対策」として、温かい緑茶や紅茶を持ち歩いて頻繁に飲むようにしています。風邪ウイルスは胃に流し込まれると完全に死ぬらしいです。乾燥したこの季節に英語の音読などしているとどうしても喉が渇いてきますが、喉の粘膜が乾くと風邪菌を引き寄せることになりますので、犬の鼻(?)ではありませんが、常に湿った状態にしておくことが肝心らしいです。なんとか元気に春を迎えたいものですね! 

 

英会話教材のお申込み

すぐに英語を身に付けたい方は、こちらから英会話教材のお申し込みが出来ます。

  • 無料レポート
  • 無料レポート
串田 美保子
関東学院大学法学部教授
アリゾナ州立大学大学院英語科修士課程終了、MA(英語学修士)。サンダーバード国際経営大学院卒業、MBA(経営学修士)。専門は英語教授法、応用言語学、言語政策。
主に、英語の習得方法と教授方法を研究。現在、関東学院大学法学部教授。国際ロータリー財団奨学生選考委員。
コラム一覧にもどる
この先生の他のコラムを見る
このエントリーをはてなブックマークに追加
rss
上矢印
ページTOPへ