2016年03月03日 202号

英語教材:「クリスマス」のマスの英語の意味

 

こんにちは!モモスケです。 (・ω・)ノ

 

今年も街がクリスマスの雰囲気に包まれてきました。最近では少なくなりつつありますが、以前は

 

X’mas

 

という誤った表記が、街のあちこちに溢れていました。「X」の後ろのアポストロフィー「’」がある間違い表記です。

 

英語ではアポストロフィーは何かの文字を省略した時に使うことが多いですね。

 

You’re a dirty old man!
この エロじじい! 

※よい子は使ってはいけません。

 

ここでは You are の「a」が省略されたので「’」を置いています。

 

それを踏まえて X’mas を見てみると、「X」は クロス=十字架 でもちろん意味は「キリスト」= Christ です。
じゃあ「mas」は?というと

 

mass (ミサ・ミサ聖祭)

 

の意味です。キリストのミサ = Christmas です。  

 

そう考えると X’mas では、アポストロフィーの位置の文字が省略されておらず、ここにアポストロフィーを置くことに意味がありませんね。あえて書くなら mass の「s」が一つ省略されているので、

 

Xmas’ とか Xma’s とか?(もちろんこんな表記は間違いです)

 

正しくは

Christmas (正式)
Xmas  または X-mas (略式)

 

が正解です。みなさんも正しい表記を使いましょう!

 

クリスマスくま
クリスマスくま / torisan3500

 

ところで[名詞]は文字を付け足して[形容詞]のように使うことができます。日本語でも、熱 は[名詞]ですが、「~っぽい」をつけて「熱っぽい」っていいます。

 

Christmas は[名詞]ですが、これに sy を付けて、[形容詞]のように使うことができます。

 

Christmassy (クリスマスっぽい)

 

街中でクリスマスツリーを見たときや、赤と緑のポインセチアの鉢植えを見つけたときに

 

Wow, it’s so Christmassy!

 

なんて使ってみてください。
隣の彼女と素敵なクリスマスを過ごせること確実です!

 

twitterで #christmassy のタグがついている投稿を見てみましょう。

https://twitter.com/search?q=%23christmassy

これが Christmassy です。

 

You’re a dirty old man! は覚えなくても良いですが Christmassy は覚えおきましょう♪

 

ほんじゃまた (^^)ノ モモスケ

英語教材お申込み

すぐに英語を身に付けたい方は、こちらから英語教材のお申し込みが出来ます。

  • 無料レポート
  • 無料レポート

コラム一覧にもどる

このエントリーをはてなブックマークに追加
rss
上矢印
ページTOPへ