ヒント151 英字新聞を読む【13】民主党圧勝-2

英会話上達研究会

英字新聞を使った英文読解練習をお届け!

 

 (本記事はバックナンバーです)

 

(前回の続き)

 

ところで、民主党の政策骨子(DPJ’s policy platform)の主なものをここで一応見ておきましょうか。

ちなみに、鳩山代表の政治信条(political credoまたはpolitical banner)は“fraternalism”、つまり「友愛」です。

 

 

to weaken the power of the bureaucracy through administrative reform

 

 「行政改革によって官僚の影響力を低下させる」(脱官僚依存)

 

to overhaul the budget by reviewing public works projects and cutting down on civil service costs 

 

 「公共事業の見直しと公務員のコスト削減による予算の総点検」

 

 

to distribute cash handouts to single parents with children
  

 「一人親家庭への助成金の支給」

 

 

 

to offer free public high school education 

 

 「公立高校の無料化」

 

 

to provide income support for farmers and eliminate highway tolls

 

 「農家への所得補助と高速道路無料化」

 

 

For better or worse, history has been made.

 

私たちの暮らしはそして日本はこれから良くなるのか、あるいはその逆か。いずれにしても、今回の選挙は「歴史的」とのことです。関連記事でもhistoryやhistoricという語が目立ちます。投票率(turnout)も現行制度では過去最高の69.28%でした。

 

社説Historic day for Japanese politicsでは今回の選挙を次のように評しています。

 

Japan’s democracy has moved one step forward, ushering in an age in which a change of government occurs through a popular election as a matter of course.

 

「日本の民主主義は一歩前進し、政権交代が選挙で当たり前のように起こる時代に入った」

 

そして、これは投票をすませたある大学生の言葉。

 

I’m probably looking at history, but I can’t appreciate it as a reality.

 

「歴史を目の当たりにしているんだなとは思いますが、どうも実感がわきません」

 

なるほど、その通りなのかもしれません。

以上

 

英会話教材のお申込み

すぐに英語を身に付けたい方は、こちらから英会話教材のお申し込みが出来ます。

  • 無料レポート
  • 無料レポート
コラム一覧にもどる
この先生の他のコラムを見る