ヒント174 英文読解“Funerals”

横浜市立大学
Catharine Nagashima非常勤講師

イギリスのお葬式事情

 

英会話教材の英会話上達研究会です。英文読解 英文を読むことに慣れよう!

 

Funerals

 

[1]

Most cultures provide a ceremonial opportunity to mark the end of a life's journey on this earth. A funeral is for friends and family to express their grief, to give thanks for the life of the departed person and to commend the person's soul into God's hands.  

 

◎語注 

commend「委ねる」

 

●要約

たいていの文化には、人がこの世から旅立つときの儀式があります。葬儀は友人たちや遺族が哀悼と感謝を旅立つ人に示し、死者の霊魂を神の手に委ねるために行われます。

 

 [2]

A typical Japanese funeral begins with a wake, followed the next day by a funeral service and a cremation. The burial of the ashes takes place some 49 days later in the family grave. Most funerals are Buddhist.

 

◎語注 

wake「通夜」 cremation「火葬」 burial「埋葬」 ashes「灰、遺骨」 grave「墓、墓所」

 

●要約

ふつう日本の葬儀はお通夜から始まって、翌日お葬式と火葬が行われます。遺骨は49日後に一族のお墓に埋葬されます。ほとんどのお葬式が仏式です。

 

 

[3]

A typical British funeral begins with the funeral ceremony in church. After the service, the hearse will take the coffin either to the cemetery, or to the crematorium. Normally the burial takes place the same day. The mourners gather round the open grave into which the coffin is lowered and the priest will recite the words: 'We therefore commit his (or her) body to the ground; earth to earth, ashes to ashes, dust to dust; in the sure and certain hope of the Resurrection to eternal life.' People then scatter flowers and handfuls of earth on the coffin; it is covered with earth, then wreaths are laid on the grave.

 

◎語注 

hearse「霊柩車」 coffin「お棺、ひつぎ」 cemetery「墓地」 crematorium「火葬場」  mourner「会葬者」 recite「朗吟する」 commit a person’s body to the ground「人(の亡骸)を埋葬する」 ashes to ashes, dust to dust「灰は灰に、ちりはちりに(かえせ)」  a sure and certain hope「(根拠のある)確かな希望」 Resurrection「キリストの復活、万人の復活」wreath「花輪」

 

 ●要約

イギリスの葬儀は、普通教会で行われます。お葬式の後、霊柩車でお棺を墓地や火葬場に運びます。埋葬は通常同じ日に行われます。会葬者は穴を掘ったお墓の周りに集まり、その中にお棺を入れ、牧師は「大地に委ねましょう。土は土に、灰は灰に、ちりはちりに。永遠の生命へと復活する確かな希望をもって」と朗吟します。参列者は花と一握りの土をお棺にまい
て土で覆った後お墓に花輪を供えます。

 

29b49d36a609a04ddb227e74f5c1240e_s

 

[4]

It used to be the custom in Wales for the people present at the wake to take it in turns to recite a poem about the deceased. Curtains would be closed in houses along the route taken by the hearse the curtains would be closed, to show respect. These days wakes are less common and customs are changing.

 

◎語注 

the deceased「死者」

 

●要約

ウェールズの昔の風習では、お通夜の参列者は死者への詩を順に朗読しました。霊柩車が通る道沿いの家はカーテンを閉めて弔意を示しました。最近お通夜はあまりしなくなりました。習慣は変わるものです。

 

[5]

Jiro:
In Japan we have the custom of offering money in envelopes at a funeral. We call it 'okoden'.

Jane:
In Britain we usually send wreaths, but some families suggest a donation to a charity of their choice instead of sending flowers.

 

◎語注 

donation「寄付」 charity「慈善団体」

 

●要約

ジロー「日本の習慣ではお葬式にお金を包んで渡します。それをお香典と言います。」
ジェーン「イギリスではふつう花輪を送りますが、お花を送る代わりに指定の慈善団体への寄付をお願いする遺族もいます。」

 

<語注&要旨 佐々木彩子/神奈川大学非常勤講師>

 

英会話教材のお申込み

すぐに英語を身に付けたい方は、こちらから英会話教材のお申し込みが出来ます。

  • 無料レポート
  • 無料レポート
Catharine Nagashima
横浜市立大学及び神奈川大学非常勤講師。ウエールズ国立大学卒業。町づくりコンサルタント。
コラム一覧にもどる
この先生の他のコラムを見る
このエントリーをはてなブックマークに追加
rss
上矢印
ページTOPへ