ヒント046 英語の発音【5】子音の連続の発音

英会話上達研究会

英語の子音の連続がカギ

 

世界の言語の音体系は、原則として「子音と母音の組合せ」から成立しています。

日本語はまさにこの典型で、田中は、tanakaのように子音と母音が交互に繰り返されます。ただし、例えば「大岡」に見られるように、母音が連続する場合もあります。

budapest-1280521_640

これに対して、英語は子音が連続する「子音連結」が極めて豊富に存在します。

 

 

strongを発音してみて下さい。語頭で3つの子音str-が連続しているのに、suto-と母音が入り込んではいませんか。日本語の「子音+母音」という基本的な音体系が英語に適用された結果、こうした不要な母音を挿入してしまうのが日本人の特徴、言い換えれば、「日本人訛り」と言われるものの一つであり、その影響はリズム構成をも大きく変えてしまいます。

canvas-1340211_640

「巻かれたテキスト」という意味になるtexts scrolled [-ksts skr-]の下線部分のように、語末で最大4つ、語頭で最大3つの子音連結が英語では生じるため、総計7つの子音が連続する場合があります。母音が存在しないため、子音連結部分は素早く発音されます。このスピード感に慣れることがとても大切なポイントです。

英会話教材のお申込み

すぐに英語を身に付けたい方は、こちらから英会話教材のお申し込みが出来ます。

  • 無料レポート
  • 無料レポート
コラム一覧にもどる
この先生の他のコラムを見る
このエントリーをはてなブックマークに追加
rss
上矢印
ページTOPへ