英会話教材
30日間英語脳育成プログラムの特徴

短期集中!30日で基礎力が身につきます

30日でペラペラになる魔法の勉強法など存在しません。しかし30日で正しい上達法を身につけ、基礎を習得する練習法なら存在します。それが英会話教材「30日間英語脳育成プログラム」です。

初級編・中級編それぞれ30話のストーリーで構成され、1話は8つの学習ステップから成り立っています。上達理論に沿って各ステップを学ぶことで、自然とナチュラルスピードの音声を聴き取るリスニング力、そして英語を理解するスキルや正しい英語表現が身につきます。

そして何より、8つのステップを通して、効果的な英語学習法そのものを理解し、身につけることができるのが特徴です。基礎力さえ身につけば、英会話上達が早いのは言うまでもありません。

 

飽きずに最後まで続けられます

続かないことが一番のムダ。そこで大人が日常使う表現を厳選し、飽きずに続けられるようにしました。あなたも楽しみながら最後までやり遂げられます。(中級編は初級編受講者の方のリクエストで開発されたほどです。)

 

開発に携わったのも大学教授陣です

言語学博士が監修というだけではありません。実は文法解説から録音まで、すべて毎日教壇に立つ大学教授・講師が制作を担当した英会話教材です。信用と実績が違います。

 

大手企業・スクールでも続々採用

大手電機メーカー・船舶会社をはじめとした法人の研修用として、英会話スクールの自習用として採用実績も多数。大学や中高の先生方からもたくさんの支持を頂いています。

 

忙しいビジネスマンにこそおすすめします

クチコミで広がり、26,000名以上が実践し成功した英会話教材です。30歳~50歳代の一番忙しいビジネスマンの方にこそお勧めです。

 

30日間英語脳育成プログラム
お勧めの学習法

忙しい方でも無理なく続けられます

お勧めの学習法
効果的に英語を身につけるには、自己流に偏りすぎないように、なるべくステップに沿った進め方で日々の学習に取り組むことが大切です。副教材DVDで英語上達の理論を学ぶことから始め、その後教材を効果的に活用していきましょう。

学習理論を学びます

まずは効果的な英語上達理論を身につけましょう。教材を開発監修した言語学博士:御園和夫先生の副教材DVD「英語が苦手なビジネスパーソンのための速習英会話講座」を観ることから始めてください。なぜ「音」から英語を学ぶことが必要なのか、どのように英語学習に取り組むことが効果的なのか、どのように英語学習に取り組むことが効果的なのかを、副教材DVDでしっかり身につけておきましょう。

次へ

学習ステップを理解します

教材のTOP画面から「プログラムの進め方」をクリックしてください。御園博士の英語上達理論を、わかりやすく8つのステップに分けて学習していきます。各ステップでどのような学習をするのか、どんな部分に気をつけながら学習するのかを、解説を読んで理解しておきましょう。

次へ

教材での学習を始めます

学習ステップが理解出来たら、いよいよスタート!最初のストーリーを開き、Step-1から学習を始めましょう。各ステップにも、進め方の説明やポイントを表示していますので、よく読んで自己流にならないように気をつけて下さい。

次へ

英語コラムで耳慣らし

5話毎に「御園和夫の異文化英語」というコラムを掲載しています。日本語の要約文を手がかりにしながら、英語を聴き取ってみましょう。少し難しめですが、耳慣らしが目的ですので最初は分からなくても大丈夫です。どんどん英語の音に慣れていきましょう。

次へ

大人の初心者の英語力アップ法を学びます

教材での学習に慣れてきたら、もう一つの副教材「大人のためのやり直し英語講座<初級>」(金森強教授)を視聴して、大人の初心者が英語力をアップさせるためのコツを身につけます。副教材DVDを観ながら、どのように学習していくかを楽しく身につけましょう。

実力チェックも忘れずに

どの程度英語が上達したのか、自分ではなかなか気づきにくいものです。そんなときは英語力測定テストを利用して、客観的に実力を測ってみましょう。教材で学習を始める前と後の2回測定することで、英語力アップを数値で確認出来るはずです。英会話上達研究会ではCASECをお勧めしています。

学習期間と英会話力
ナチュラルスピードの英語が速すぎて、理解できない段階。英語が雑音にしか聴こえない状態。
強く大きく発音される単語を中心に、少しずつ音として英語が聴き取れはじめる段階。速度に慣れてきた状態。
会話の概要が理解できたと実感できる段階。弱く速く発音される単語にも徐々に意識が向き、より細かい部分まで聴き取れる状態。

※個人差があります。

このエントリーをはてなブックマークに追加
rss
上矢印
ページTOPへ